2016年10月31日

登山研修

 先日事務所の研修で大分九重の大船山に登ってきましたよ💡
午前中から登山を開始しお昼ごろに一泊する山小屋に到着。
IMG_0978.JPG
各自持参したご飯をそこで済ませ、いざ山頂へ👊
なかなかに険しい山道で登り応えがあり、何とか頂上へ!
頂上での一枚
IMG_0992.JPG
紅葉も見れました🎶
IMG_0999.JPG
途中の山小屋で一泊し夕食と朝食がついていたのですがそれがとっても美味しくて大満足でした!
帰りの下山が雨、風が吹き危険な場所もありましたが皆無事に下山できメンタルを鍛えられた研修となりました。 私も足に豆ができ最後はかなり辛かったですね、、、
園田
posted by takahama at 00:00| 熊本 ☁| 社内研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月27日

熊本地震関連 雑損控除

 今日は先日社内で研修しました個人の確定申告に於ける雑損控除についてです。
今回の熊本地震及び7月の大雨で住宅、家財等に損害を受けた場合はその損失額は雑損控除の対象になります。

簡単な計算式ですが
(イ)差引損失額-(総所得金額×10%)=雑損控除
※差引損失額=損失金額+災害関連支出の金額-保険金などにより補てんされる金額
・損失金額=(取得価額-減価償却費)×被害割合
・災害関連支出の金額=災害により滅失した住宅や家財などを取り壊したりする為に支出した金額など
(ロ)災害関連支出の金額-5万円=雑損控除
(イ)、(ロ)のいずれか大きい方になります。

対象にならない資産として、生活に通常必要でない資産があります。例えば別荘、1個30万円を超える貴金属、骨とう品、書画等をいいます。
取得価額が不明な場合等は合理的な計算方法などもありますのでお尋ね下さい。
また、雑損控除とは別に その年の所得金額が1,000万円以下で災害に合った方は、
「災害減免法による所得税の軽減免除」という制度も用意されています。
要件として
・災害によって受けた住宅や家財の損失金額が、その時価の2分の1以上
・災害にあった年の所得金額の合計額が1,000万円以下
・その災害による損失額について雑損控除を受けない場合
また、所得金額によって、軽減または免除される所得税の金額が変わります。
所得金額          軽減又は免除される所得税の額
◆500万円以下        所得税額の全額が免除される
◆500万円〜750万円     所得税額の2分の1が軽減される
◆750万円〜1,000万円   所得税額の4分の1が軽減される

このような制度もありますのでどちらか有利な方を選択適用できます。
毎年会社の年末調整で済まされている方も、この制度を適用するには確定申告が必要になりますので是非活用されて下さい。添付書類として罹災証明、災害関連支出の領収書等は必要になりますので罹災証明など早めに取得され保管されておくことをお勧めいたします。是非一度、ご相談下さいませ。
園田

posted by takahama at 12:16| 熊本 ☁| 社内研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月31日

黒川研修

1月8・9日は、毎年恒例の社内研修に黒川へ行ってまいりました。

↓研修風景
FullSizeRender (1).jpg

FullSizeRender (2).jpg

FullSizeRender.jpg


午前中は前年度の実績報告と今年度の計画について。
午後の研修は、『経営理念』について。

ちなみに弊社の経営理念は、

私たちは中小企業経営者のホームドクターとして、
社員同士・お客様・地域社会との共生(ともいき)を実現します



です。
この理念をどう実現していくか・・・。社員一同、考えや知恵を出し合って話し合いました。

夜は豪勢な食事に舌鼓を打ち・・・

FullSizeRender.jpg


今年も一年がんばるぞ!と改めて気合の入った研修でした。



M


posted by takahama at 00:00| 熊本 ☀| 社内研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする