2015年06月12日

聖護寺 2日目

2日目、朝4時起床です。
雲水さんが、すず(?)を手に走り回り、起こしてくれます。

起床後は、歯と顔を洗ってすぐにお堂にいって座禅(靴下をはいたままだったので、あわてて脱ぐ約3名)。


最初の45分は襲いかかる睡魔と乱闘しながら過ぎ去り・・・
次の45分間はようやく半分目覚めたものの、
睡眠欲が過ぎ去ればやってくるのが食欲!
昨晩のそうめんはとってもおいしかったけど、いかんせん消化が早かった・・・。

そんな中、座禅の定番である、”樫の木板でパーン!”が順番に回ってきました。
「・・・あれ、これって順番制だったっけ?
と内心かなり焦りましたが、そんなに痛くはなかったです。


後できいた話だと和尚様、
「雲水さんにも経験を積ませなきゃね
「でも女性にはちょっと優しかったから、まだまだです
とのこと。

雲水さんのファンになってしまった瞬間です。


朝餉は、梅干しにおかゆと煮物(またこれがダシがきいてて非常に美味しかったです)。
おかゆにはゴマ塩を振っていただくのですが、とても素朴で優しいお味でした。

その後は和尚様と二時間ほど談笑し、
ご自身の修業時代のお話しから日本人としての在り方まで、幅広く説法を説いていただきました。
特にこれからの女性の在り方は感銘を受けました。
まずは、雲水さんのような美味しい煮物を作れるようになるところからですね!


最後に、和尚様からいただいたのがこちら。
お札.JPG


元々は座禅の時にあごを支えるための板に、故楢崎一光老師の筆蹟がある札です。
お札2.JPG

龍  宿  鳳  巣

と書いてあります。『龍、鳳凰の巣に宿す』 
それほど清廉な土地であると、ここ聖護寺を表した言葉だそうです。

写真も、快く撮らせていただいて感謝です。
101.JPG

090.JPG


092.JPG


114.JPG

聖護寺.JPG

蝋燭とランタンの灯りの下、自分を見つめ直す座禅体験。
時には日常を抜け出して、皆さまもぜひいかがでしょうか?


高濱 なずな
ラベル:座禅 社内研修
posted by takahama at 10:12| 熊本 🌁| 社内研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする